f003



    緑風荘の旅館の開業は1950年。 作家の三浦哲郎が緑風荘の座敷わらしをテーマにした児童小説「ユタと不思議な仲間たち」を1970年代半ばに発表。
    後に全国に一躍その名を知られるようになりました。

    それ以前にも多くの著名人が宿泊。 大正時代の宰相・原敬が宿泊し、 国語学者の金田一京助もしばしば立ち寄られました。

    実業家や著名人の方々も数多く訪れ、 「柔道の神様」とうたわれた三船久蔵十段は座敷わらしと取っ組み合い、 軽くいなされたという逸話が残っています。

 

 

 

 

 


Copyright(C) 2016 座敷わらしの宿 緑風荘 All Rights Reserved.